カリフォルニアディズニーランドの基礎知識と便利な英語フレーズ

本記事の内容は2018年12月に行った時のものです。

アメリカのカリフォルニア州にあるディズニーランドパークについてまとめました。

目次

2つのテーマパーク

カリフォルニアのディズニーリゾートは2つのテーマパークに分かれています。

ディズニーランドパークアドベンチャーパークです。

各テーマパークでチケットは別々です。2パーク行き来できるチケットも販売されています。2つのパークは入り口のゲートが近いので、徒歩ですぐ行き来が出来ます。日本のディズニーランドとディズニーシーのように、行き来する際にモノレールに乗る必要はありません。

ディズニーランドパーク

世界で一番最初に開園したディズニーのテーマパークです。ディズニーファンは一度は訪れたい本場ディズニーです。日本のディズニーランドと似ていて、同じアトラクションが数多くあります。

  • スプラッシュマウンテン
  • スペースマウンテン
  • ビッグサンダーマウンテン
  • イッツアスモールワールド
  • ホーンテッドマンション
  • ピーターパン

など。

アドベンチャーパーク

よく写真で目にするミッキーの観覧車がある方です。こちらには、日本にないアトラクションがたくさんあるので、新しい刺激を得られそうですね。

  • ガーディアンズオブギャラクシー
    (タワーオブテラー)
  • インディジョーンズアドベンチャー
  • トイストーリーマニア

など。

本記事はディズニーランドパークの内容です。

カリフォルニアディズニー基礎知識

気候

ディズニーランドがあるカリフォルニア州ロサンゼルスは、1年を通して温暖な気候です。現地の方に聞いたところ、コートを使わない年もあるのだとか。私が行った日も、昼間はコートがいらないくらい暖かかったです。夜は冷える可能性もあるので、羽織るものを持っ行くといいでしょう

パーク内のロッカーは、一度料金を払うと何度でも出し入れができるので大変便利です。

パークへのアクセス

ディズニーランドの駐車場からパークの入口までは、トラムという乗り物に乗ります。

トラムに乗る前に入念なボディチェックがあります。鞄のポケットも全てチェックされます。ペットボトルのお茶を持参したので心配でしたが、そのまま持ち込んでOKとのことでした。

混雑状況

「アメリカのディズニーランドは日本ほど混んでない」と聞いたことがありますが、普通に混んでいました(2018年12月上旬・平日金曜日)。現地に住んでいる方に聞くと、「平日でも金曜日は普通に混んでいる」とのこと。スプラッシュマウンテンは、夜になっても80分待ちで断念しました。ファストパスは必須です。

WiFi

パーク内では無料のWiFiが利用できます。お手洗いや買い物の時など、一緒に行った友達と連絡を取りながら一時別行動ができました。

日本のディズニーランドとの違い

ワールドバザール

屋根がなく開放感があります。カリフォルニアは1年を通して雨が少ないのが理由だそうで、梅雨がある日本のワールドバザールには屋根がありますよね。

夜のワールドバザール。

12月なのでクリスマスの飾りがまた素敵でした。

イッツアスモールワールド

白を基調としたデザインで、日本のものと比べるとシンプルです。日差しが地域のため色焼けしにくい配色になっているようです。

夜はライトアップされて華やかになります。

食べ物の大きさ

アメリカサイズです。1人で完食は難しいので、一緒に行った方と分け合うと良いと思います。

お城

眠れる森の美女がモチーフとなっています。日本のディズニーランドにあるシンデレラ城より、小さくて可愛らしい雰囲気です。

夜のライトアップ。水面に移るお城がまた綺麗です。

装飾品

日本のディズニーリゾートではキャラクターの耳や被り物を付けている人が多いのですが、アメリカではそこまで多くありませんでした。そのかわりに、ディズニーのTシャツを着ている方が多かったです。若い方だけではなく、年配のご夫婦もおそろいのTシャツで微笑ましかったです。

スターバックス

パーク内にスターバックスがあります。日本人からしたら驚きですが、現地の方たちはスターバックスのドリンクを飲みながらパークを楽しんでいました。

ディズニー×スターバックスの限定商品が売っているので、スタバファンは必見です。

テーマパークで使える英語フレーズ

海外のテーマパークで実際に使った英語フレーズをご紹介します。

大人2枚(チケット)を下さい。

I would like two adult tickets please.

チケットカウンターの方は英語のみの対応です。最低限のフレーズはおさえておきましょう。

ファストパスはどこで手に入れられますか?

Where can I get a Fastpass?

海外ディズニーではアプリではなく紙のファストパスを取ることになります。アトラクションによっては発券機が分かりずらい場所にあるのでスタッフに尋ねてみましょう。

トイレはどこですか?

Where is a restroom?

景観を邪魔しないためかトイレの場所が分かりずらいかったです。絶対覚えておきたいフレーズの一つです。

何分待ちですか?

How long is the waiting time?

アトラクションの待ち時間を聞きたい時に使えます。

写真を撮ってもらえますか?

Could you please take a picture of us?

写真を撮ってもらう時の定番フレーズです。

フレーズまとめ

上記のフレーズをまとめておきます。旅行中WiFiがない時も見れるように、スクショしておくことをおすすめします。

大人2枚(チケット)を下さい。
I would like two adult tickets please.
ファストパスはどこで手に入れられますか?

Where can I get a Fastpass?
トイレはどこですか?
Where is a restroom?
何分待ちですか?
How long is the waiting time?
写真を撮ってもらえますか?

Could you please take a picture of us?

世界中にディズニーのテーマパークがありますが、一生に一度は訪れたい本場ディズニーです。同じディズニーリゾートでもその国の文化や環境、人などによって生まれる個性を感じられる場所でした。

ディズニーランド好きの方は、アメリカのディズニーも是非訪れてみてください。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる